成田空港PRポスター「FANTASTIC JAPAN – 秋」

A1サイズのポスターで原寸大で描いています
歌川広重の浮世絵「日本名所百景」から

この浮世絵のイラストはまず、筆ペンで線画の部分を各パーツ原寸大に描き、
パソコン上で組み合わせています。

色彩は板に絵具を塗り、紙に木目を写し取ったものをパソコンに取り込んで
浮世絵と同じように赤、緑、青など色味ごとにレイヤー(層)を分けて作って
色付けをしています。

浮世絵の特徴であるぼかしの表現はパソコン上で制作していますが
自然な感じにぼかしていく作業は難しく、いい具合になるまで試行錯誤しました。

イラストの依頼内容は成田空港を外国の空港関係者に向けてアピールする
というもので日本の良さをアピールするのに浮世絵をベースにして
江戸と現代とが入り交じったおもしろい風景にしたいというものでした。

現代の様子をスカイツリーと東京タワーやコンビニ、牛丼屋の看板を入れる
などで表現し、成田空港の表現として上空に飛行機と空港職員を描いています。

空港職員が江戸の人たちを案内している様子や江戸の人たちが楽しそうに
観光をしている様子をよく見ていただきたいと思います。